生命保険の基本とは何か

生命保険にはさまざまな種類のものがあります。また、特約もたくさんあり、さらに商品名がそれに加わってくると、頭を整理するのも大変です。しかし、基本的には、生命保険は3つの型に分類できます。どんな保険商品もこの3つの型から派生したものなので、基本をおさえることで、ある商品の内容をある程度特定することもできます。そこで、生命保険の3つの型を考えみたいと思います。生命保険には、死亡を基本にするもの、医療を基本にするもの、そして貯蓄を基本にするもの、があります。死亡を基本にする生命保険が死亡保険です。医療を基本にしたものが医療保険です。貯蓄を基本にしたものが貯蓄保障に関連した保険です。
死亡保障を中心とした保険では、期間別に、一定期間保障されるものと、一生涯保障がつづくものとがあります。また、貯蓄性をもつものと持たないものという区別ができます。医療保障は、死亡とは関係のない、病気や入院に関連した保険です。医療、がん、傷害、所得補償に分かれます。最後に、貯蓄性のある保険は、満期返戻金、老後の年金、定期に教育資金を受け取ることができるものといった、ライフスタイルにあわせた貯蓄重視型の内容となっています。要は、保障型と貯蓄型に分け、保障型であればどのような保障があるのかを検討し、他方、貯蓄型であれば貯蓄性が高いのはどれなのか、ということから検討を始めることになりますが、保障型と貯蓄型の折衷したものもあるので、自分のライフスタイルに合わせて選択しましょう。

生命保険は自分の安心保険でした

ずっと、生命保険は必要ないと思っていました。怪我しないし、がんはもちろん病気なんてしないと、変な自信があったのです。今、病気したりしているわけではないですよ。ただ、自信があったし、お金がもったいなかったし。お金貯めていればいいんでしょう?ぐらいの軽い考えでした。何のことはない、無知だったのです。無知は恐ろしいですよね。実際、もしも病気になったら。入院したら。そんなことは、生命保険に加入を決める前まで、考えたことなかったのです。
考えるきっかけになったのは、父親ががんになったことでした。いつも元気で、病気一つしていなかった父が、本当に突然のがん宣告。驚きと絶望がありましたね。すぐ入院しましたが、見つかったときは末期でした。父にはがんのことを隠していたし、治療は最大限してあげたかったので医者にお願いしました。その後がびっくり、、、治療費と入院費用のかかること!ありえない金額の請求でした。そのとき、父が生命保険に加入していたこともあり、かなり助けられ負担はあってもなんとか乗り切れたのです。父は亡くなりましたが、亡くなったあとも私たちを助けてくれたのが保険だったのです。それがきっかけになって、私もいつどうなるかがわからないからと保険加入を決めました。最低限のものですが、私にとっては、何かあったときの安心のための保険になっています。月々の支払いも、安心料だと思えばなんともないです。自分が生命保険に加入して、考え方も変わったのにはびっくりですが当然の流れなのかも知れませんね。支払いの無理のない保険を選んで加入するだけでも違うので、加入がまだの人は考えてみるのもいいと思います。

イザと言う時の保険、生命保険。

保険の意義とはなんなのでしょう。自分自身、自分の家族に対して、イザと言う時に安心できるものが、保険であり、生命保険であると思います。今の家庭の実情は、生活の水準が上がり、支出が増える一方です。なので家計の方が、どうしようもなくなっています。そんな時に働いている人が死亡や入院といった時に、余計な支出が増えます。一気に家計が混乱してしまいます。そんな時に保険を掛けていれば、その負担も減らせます。人生には良い事もあれば、悪い事もあります。悪い事の方が多いのが人生です。自分の一生の事ですから、このへんは考えた方が良いのではないでしょうか。少し自分の欲求を抑え保険を掛けても損はしないはずです。自分も考えてみたいです。
もしも会社からリストラにあったらどうしますか。自分はそんな事はないと思っている人がほとんどだと思います。でも油断していたら、リストラにあったという人がほとんどです。今の時代は再就職が困難であり、家族持ちの人は悲鳴をあげてしまいます。そんな時に保険をかけていれば、少しは余裕ができると思います。なので自分自身の危機管理は必要ですし、よく自分の会社を見ていなくてはなりません。危ないと感じたらすぐに対処をするべきです。そうしないととんでもない事になってしまいます。自分なりに最初から人生設計をしておいた方がいいと思います。そうする事によりビクビクしながら働かなくてもすみます。仕事もしっかりできます。

生命保険といくつもの保険、必要ですか

生命保険に入って、と知り合いから頼まれることがたびたびあります。保険のことに詳しく、職業にしているのですから進められる保険はよいものが多いのですが、それでもこちら側にはその余裕がありません。なので、毎回お断りすることにしているのですが、生命保険というのはいくつも入っておくほうがよいのかと、考えてしまいました。保険の良さも、面倒なところも理解しているのですが、それでも金額という壁が立ちはだかります。生命保険に限らず、家の保険、車の保険、と様々なものがあり、その数の分だけ、はっきり言ってお金がかかるのです。もちろん、かけていれば何かあったときに保障はされるので良いのですが、その分そのいざ、というときがこなかったときはどうすればいいのだろう、とも思うのです。もちろ、、いざというときなんてないに越したことはありません。それはもちろんなのですが、何か納得いかないことが多い気がします。
生命保険はとくにがん保険や入院のときの保険が人気があるとその知り合いの方は言っていましたが、確かにそのふたつが、一番ありえることで、保障されたいものかもしれません。私は以前、保険に入っていて助かったことがあるので、保険自体にはとてもよい印象というのがあります。私だけではなく、とくにご高齢の方の家族や、病を患っていらっしゃる方のご家族などはきちんと入っておかなければいけないものだとも思います。生命保険というのは家族の安心と自分の安心のために、必要なものだと思います。安心感はたとえば、ご病気でなくなるかもしれない、という方などの気持ちにも必要なことです。なので、保険ははいっておくべきだと思います。けれど、それがいくつも、となると考えは別なのです。
いくつも保険に入っておく、というのはいいことなのか。そういう考えはもしかしたらおかしいのかも、とも思いましたが、必要であればいくつでもいいのだ、と思うようになってきたのは、知り合いの方のお話を聞いてからです。なるとは思っていなかった病気になっていたとき、思わぬ事故などでは、必ず入っておいたほうが役に立つ、という言葉です。何度もここまで言っていた安心感は、自分で選んでおかないと困ることもある、ということなのだな、と思えました。

生命保険、どの会社がいいの?

私は20代の契約社員です。今の会社は契約なので今年一年でその契約も切れてしまうため、保険などを考える余裕がなく、まだ加入していません。会社にもさまざまな保険会社の方が来てくれて勧誘を受けましたがいまいちよくわからなくて今に至っています。選ぶにしても何がいいのかもよくわかりませんし…。勧誘に来てくださる方々も自社のことだけをすごく押してくるので実際他社との比較が難しくて考えるのがおっくうで加入を考えることさえしていません。
私の姉は1つ上なのですが、会社と連携のある生命保険会社に加入しているそうです。私はそこまで保険のことを大事に考えたことがありませんでした。実際に保険は保険ですし。。。自分はそんなにやわじゃないと思っています(笑)確かに何かあった時には助けになりますけど、何もない時には無駄じゃないのかなって…。でも姉に言われました。入ってて損はないと。実際働き始めるとどんな事故、生命の危機に見舞われることが起こるか分りません。そんな時に役立つからと。姉も働き始めて少しして病気をしたので助かったと言っていました。確かにストレス社会で働いていると何が起こるか分らない時代だし…。姉の大人な発言に少し尊敬と納得をして、私も少し真面目に考えなくてはいけないなと思いました。
そこでいろいろ探してみることにしました。でも何を比較基準にするか?これが大事です。また加入する理由によっても違ってくる気がしました。探すうえで大事なのは、毎月払う保険料はもちろんのこと、どこまで保証してくれるのかも比較基準になります。でも他にも面白い視点がありました。姉が加入している某有名保険会社では加入者の誕生日にプレゼントが送られてきていました。姉も先日誕生日だったのですが、その時に有名店のバームクーヘンが送られてきていました。これは加入しないとわからないものですね♪そんなサービスもあるのかとちょっと考えました(笑)これも含め、一つに絞らずに自分に合った保険会社を探していこうと思います。